初心者の車選びについて

細かな車のチェックポイントは初心者には難しいかもしれません。
細かい内容は初心者にはとても実況できる内容ではないのです。
あくまでも初めて中古車を買うという前提で普通の人ができることをチェックしてみましょう。

外観はボディ周りとタイヤを目でチェックすることは大切です。
小さな傷や凹みは、あまり気にしないこと。新車とは違うのだから、あまり細かい点までこだわってしまうと、掘り出し物を逃すこともあります。

一番目につく外観だけに、販売店が申し入れの段階で売り物になるか、ならないかを十分にチェックしています。
補修に金がかかるような傷や外回り荷物を車に関しては最初から仕入れたりはしません。
また線の傷などタッチアップペイントやコンパウンドでほとんど気にならない程度まで、納車整備で仕上げてくれます。
最もユーザー側が何も言わなければ多分そのままになってしまうでしょう。
だから、気が付いたことはすべてメモしておくことが大切になってきます。チェックでも営業マンも一緒に見てるから、話し合うことも必要ですが言葉だけでなくとにかくメモすることを重点的に考えてみてください。
商談を進める時には、また車が納車される時にこのメモは絶対に生きてくることがあります。

ふむふむ。

実際自分も中古車を買った経験からすると、
悪いところは正直に言ってもらうように伝えました。

そうすると、あるんですよ、やっぱりいくつかは。

でも、それを知っておくと、後でトラブルにならずに済みますし、変な話、それも含めて愛車という感じになるんですよね…w

メモも大事ですが、営業マンとの信頼関係も大事ですよw

ボルボの C30

ボルボの C30についてですけども、ボルボの C30はどのような車ということができるでしょうか。

まずエコカー減税についてですけども、ボルボの C30は、エコカー減税適用車となっているのでしょうか。
適用されてはいないようです。

ボディタイプはどのようになっているのでしょうか。 C30のボディタイプは、3ドアハッチバックということができます。

この車ですが2007年4月に登場した車ということができます。
全長を4.2メートルのコンパクトなサイズとなっています。室内は大変おしゃれな室内となっているということができます。

また後席にもゆとりのあるシートが備わっているのは、魅力的といえるのではないかと思います。2010年には、大きなマイナーチェンジをしました。
それによってフロントマスクが非常にアグレッシブな感じを受けるようになりました。

エンジンですけども。2.0L 直4が搭載されています。往年の名車の香りが漂うコンパクトハッチバックということができるのではないかというふうに思います。

以上、下手くそな説明でしたw

ボルボってどうも好きになれません。
なんか、それなら昔の日本車のほうがスタイルいい気がするんですよね~

まぁ、乗ることはないでしょうがw

ボルボの査定は?

ワキの下への視線

女子ならばワキの下をきちんと処理しているのが当たり前と思いますが、
その場合であっても、ワキの下への他人の視線が気になりませんか?

電車のつり革をつかまったときや、髪を束ねなおしているとき、高いところにある物を腕を上げて取っているときなど・・・。
正直、他人はそれほど気にしてないと思います。でも、腕を上げる(=ワキを見せる)ことに抵抗感じてしまうのは、自分が他人の脇の下を見てしまうから。

凝視するわけではないけれど、チラリと目に入るその先がキレイだと安心するし、ジョリジョリとした剃り残しが見えるとがっかりすると同時に、それはそれで自分だけじゃないんだなぁ~と少しホッとしたり。
自分が見ているから、他人の目線も気になる。

これってごく自然なことではないでしょうか。
こまめにワキを処理して、誰かに見られても大丈夫なようにお手入れしておくことが、自分の安心であり、この夏を快適に楽しく過ごすコツなのかもしれません。
人から見られて幻滅されないように、脇の下だけはお手入れに手を抜けませんね。

こんなこといってますが、
ぶっちゃけ脇下は確実に凝視します。w

そしてこの時期は、更にそのオクも…覗かせてくれたりしますから。
ありがたや~~~ww

放送事故

度々話題の放送事故があったようです。

7日、テレビ朝日が放送するニュース番組「ANNスーパーJチャンネル」で、花見の映像を流すべきところで津波の映像が流れてしまい、「放送事故だ」とネット掲示板が一時騒然となった。

とのことです。

番組では、「満開の週末 上野公園に過去最高の21万5千人」とテロップを打っており、上野公園で満開となった桜を楽しむ人々を紹介する映像が流れるはずだったのだろうが、実際に流れたのは津波によって車が流されている“地獄絵図”で、ネット掲示板には「不謹慎すぎる」「絶対に許さない」といった声が寄せられている。

これはさすがに、不謹慎すぎますね。

どう間違ったらこうなるのか?不思議でなりません。

「津波」と「花見」は語感が似ているため、「番組の編集担当が聞き間違えたため事故になったのでは?」

という擁護はまったくできないですね。